車MEMO

高齢者に車の運転を辞めることを勧めるタイミング

church日本は車社会と言われていますが、高齢者の運転も年々多くなっています。
昔は若い人たちの運転未熟による事故が多発していましたが、今は高齢者の増加に伴い、運転の不注意などによる事故が増えてきています。
運転に年齢の上限が特に決められていないため、自己責任で運転するのが現状です。さらに、自転車の交通ルール違反による事故も増えてきているので、運転手はより神経を使って運転することが求められています。どんなに交通状況が良くなっても運転するのは人間なので、判断ミスとか認知症状態での運転では、事故を起こす確率が高くなります。
特に高齢者が運転で他人に迷惑をかけるようになると自主的に免許を返上する人が増えてきています。
返上するタイミングはこの他に、注意力が足りなくなったとか、目が見えにくくなったとか、脚の筋肉が衰えて瞬発力がなくなったなど、体の異変に気づいた時などが良いです。それでも意地っ張りになって死ぬまで現役を貫き通すという頑固な高齢者もいるので、彼らに対して何らかの対策が必要になっています。家族を乗せたいとか、気晴らしにドライブしたいとかいう気持ちを持つことは大事ですが、車は一歩でも使い方を間違えれば凶器になってしまいます。こうした不幸な事故を永遠になくすためにどうしたら良いのかをみんなで真剣に考えて、地域でできることから取り組んでいくことが大切です。
将来は、警察の指導を徹底させていき、高齢者に対するアドバイスを充実させて、免許の返上についての判断も行えるようにする方法を採用することが考えられます。必要があれば、高齢者に運転を辞めることを勧める制度を作ることも交通事故を減らす要因となります。
そんな日本となるように願っている人もたくさんいることでしょう。日本の社会では赤ちゃんに優しく、障害者に優しく、高齢者に優しくといった人にやさしい乗り物というイメージを壊さないでいくことが期待されています。